プラチナナノ粒子とは

イーグル美装株式会社 HOME > プラチナナノ粒子とは

世界初!抗ウイルスのプラチナナノ粒子とは

プラチナナノ粒子(白金ナノ粒子)は、インフルエンザやノロウイルスなど、ウイルスに対して優れた効果を発揮する無色透明・無臭の液体です。

壁や床、家具などに塗布するだけで、固定化し、その効果は長時間持続します。

日常生活の中で日々増え続けている臭いの元になるさまざまな菌の増殖を防ぎ、臭いのする空間をプラチナナノ粒子で、緩和することができます。
Pt nano溶液

【プラチナ】×【ナノ】技術の驚きのパワー!!

【プラチナ】は非常に安定した金属であることから、古来より装飾品などに使用され、近年では、自動車の触媒などに使用されています。酸に対して強い耐食性(抗酸化)も特徴です。
また、金属類の中でもゴールド(金)と同様に厚生労働省が食品添加物として認められており、摂取しても体内に吸収されることはありません。

【ナノテクノロジー】は近年著しい技術の進歩を遂げており、医療分野やコンピューターなどの半導体分野などに新たな可能性を持つ技術です。

当社では、金属ナノ粒子の中でも、とりわけ抗ウイルス・抗菌効果と安全性が高い「白金ナノ粒子」に着目し、「PtEPD」「プラチナナノ粒子」「Ptナノ」「Ptn」を使用した抗ウイルス剤を開発いたしました。
ウイルス対策
【金属ナノ粒子とは】金属(金・銀・パラジウム・プラチナ(白金))を4ナノm(1ナノは1/10億m)という大きさの粒子に微小化した「金(Au)・ナノ粒子」「パラジウム(Pd)・ナノ粒子」「白金(プラチナ)(Pt)・ナノ粒子」のことです。

金属の粒子溶液の研究・開発を続けてきた結果、金属ナノ粒子にはさまざまな効果があることがわかりました。最先端の技術により、ナノサイズを持続し、溶液の成分を安定化させることで、その効果を実現できたのです。

プラチナナノ粒子のポイント

POINT1 世界初!抗ウイルス

プラチナナノ粒子は、ウイルスに対して効果を発揮し、
ウイルスの侵入を防ぐだけではなく、ウイルス自体の活動を抑制し、不活化します。

流行しているノロウイルス(ネコカリシウイルスで代替試験)やA型インフルエンザをほぼ除菌し、

大腸菌・黄色ブドウ球菌・肺炎桿菌・MRSAの試験で
抗菌に有効であると証明されています。

消臭も香りでニオイを隠すのではなく白金によりニオイを元から分解するので香料なども一切入っておらず無臭です。
優れた除菌・抗ウイルス力!!

POINT2 安心・安全

プラチナナノ粒子は、金属類の中でもゴールド(金)と同様に厚生労働省により食品添加物としても認められており、摂取しても体内に吸収されることはありません。

・口投与毒性試験
・皮膚貼付試験
・皮膚1次刺激性試験
・皮膚感作性試験
・細胞毒性試験
・復帰突然変異試験
などの毒性試験において安全性を確認されており、肌に触れても、口に入っても問題ございません。

歯ブラシやマスク、看護服など、ウイルス対策製品の商品化もしています。

取扱商品みる
  • 消毒剤の除菌力と安全性
  • 歯ブラシ
  • マスク

POINT3 簡単施工

掃き掃除、拭き掃除などをしなければならない除菌コーディングスプレーとは異なり、
プラチナナノ粒子は、現状のまま壁や床、製品などに、塗付するだけ。

タイルや、ビニール・金属・ガラス・陶器・プラスチックなど簡単に付着し、
暗闇でも効果を発揮など多種多様 素材を選ばず簡単に固着する事ができるので、
掃除の時間も費用も大幅に削減できます。

また、プラチナナノ粒子は塗付後はいったん固定化。

簡単に落ちませんので、安全を長時間保つことが可能です。

繊維では50回の洗濯試験をクリア、
病院・学校などの壁施工では2年以上抗菌・消臭効果が持続しています。
面倒な掃除をせずに手軽にコーティング!!

POINT4 鮮度保持・抗酸化

白金(プラチナ)は、触媒作用により、活性酸素を除去する効果があります。
更に既存の抗酸化素材と違い、全ての活性酸素に効果が絶大にあり、体内にある限り活性酸素を除去します。
化粧品やサプリメントとして使われています。

POINT5 持続性

プラチナ粒子は、80℃の温度で50回洗濯しても抗菌効果があります。

繊維製品にPTnano溶液を含浸させ乾燥させた後、試験の検体となる、黄色ブドウ球菌・肺炎桿菌・MRSAの抗菌試験に合格。

この厳しい基準をクリアしていないと取得できない、繊維評価技術協議会が認証するSEK赤ラベル認定されています。


SEK赤マーク(制菌加工・特定用途)
認定番号58SA06取得

既存技術との相違点

PTnano溶液
他社製
常温で簡単に製造できる
白金ナノ加工は高価で難しい
バインダー等の工夫が不必要
固着させるためにバインダー等の工夫が必要
ナノ分散構造で少量化、機能化が可能
効果を得るために一定量が必要